地方教会として

今年度も教区総会は書面決議となりました。新型コロナウイルスによって、年に1回顔を合わせることを楽しみにしていた友人たちと長く会えなくなり、どこか疲れを感じているのは私だけではなさそうです。

総会資料に目を通していると、日下部遣志教師による議長挨拶に心打たれました。日下部教師は田川教会に8年、そして今の川内教会で16年目となります。この春、2番目の娘さんが関西の大学へと進学されました。教区のソフトボール大会などで会う度に、うちの子どもたちといつも一緒に遊んでくれる、とても素敵な娘さんです。

2番目の娘は、高校3年間、子どもや幼稚園保護者を誘って教会学校を盛り上げ、礼拝後は玄関に立って、帰って行く教会員に手を振って最後の一人まで見送りました。若者の新しい出発は喜びではありますが、教会にとっては涙、涙。寂しい思いで一杯です。地方の教会はそのようにしてようやく信仰に導かれた大切な若い信徒を送り出し続けてきたのです。

日本社会における<地方の縮図>が、地方教会にもあります。地方教会は「苗床教会」として、地元の若者たちを都市部の教会へ送り出してきた、という面があるのです。けれども、それすらも難しくなってきた現実もあります。荒尾教会はどうでしょうか。

それぞれの教会で精一杯歩みつつ、荒尾教会にとっての山鹿教会のように、他教会とも繋がっていくことで気付かされることが一杯あります。地区・教区・教団の繋がりを祈り深めていきたいと願っています。(有明海のほとり便り no.207)

よきリードの力をお与えください

『信徒の友5月号』が届きました。パラパラとめくっていると、その最後の方に、教団出版局からの新刊紹介が出ています。何気なく見ていると、『礼拝と音楽』『教師の友』の紹介が並んでおり、両方に「小さく」自分の名前が!たまたま私が寄稿した両誌のタイミングが重なったのです。おそらくわたしの人生で、もう二度とないでしょう(^_-)

特に5月号はペンテコステを覚えて、聖霊の導きの中で歩まれている信徒の証しが沢山掲載されており、胸に響くものばかりでした。どうぞお手にとって読んでいただきたいと願っています。

その証しの一つに、Nさん(宮崎教会員・オルガニスト)のものがありました。Nさんのお父さまは奄美にある喜界教会を長く牧会された故・M牧師です。Nさんは就職で東京に出られてから1年間、教会を離れていた時期もあったそうです。再び教会に行くようになりますが、奏楽奉仕は断られていました。けれども、お連れ合いの転勤で鹿児島に引っ越したとき、当時鹿児島教会を牧会されていた布田秀治牧師(仙台・いずみ愛泉教会)と出会い、パイプオルガンの奏楽者としてレッスンを受けるうちに、どんどんその魅力にはまっていったのです。いまは、再びの転勤で宮崎へ行った際に出会った宮崎教会で、奏楽者として奉仕されています。

奏楽者としていつも心がけて
礼拝前に祈る言葉があります。
「会衆一同が高らかに賛美できるよう、
よきリードの力をお与えください」。
布田牧師がいつもお祈りしてくださった
言葉を思い出して祈るのです。(p.61) 

奏楽者の奉仕は、ついつい当たり前のようにされてしまい、忘れられてしまいがちです。けれども私たちの賛美そして礼拝を豊かにするかけがえのない奉仕であることを覚え、祈っていきましょう。(有明海のほとり便り no.206)

天の「父なる」神さまとは

めぐみ幼稚園のお祈りは、礼拝の時も、食事やおやつの時も、いつも「天の父なる神さま」という呼びかけで始まります。子どもたちのまっすぐな呼びかけに神さまは喜んで下さっているはずです。

けれども実は、教会ではあまり使われなくなって呼びかけであることも事実です。私自身、牧師として「父なる神さま」と呼びかけることは、主の祈りなどを除いてほぼありません。

キリスト教会では長く神を「父」あるいは男性名詞で表現してきました。けれども、その歴史を振り返る時に、「もし神が男性なら、男性が神に」なってしまい、男性中心主義の教会を形成してきました。女性が一人の人間として尊重されるのではなく、あくまで従属的な存在として扱われてきました。例えば、日本の教会では多くの場合女性信徒の方が割合として多いにも関わらず、牧師は圧倒的に男性が多く、女性牧師が十分に賜物を発揮できる環境が整っていません。

神は人間が持つ「男性」「女性」という狭い性概念に縛られずもっと広く深い存在であることを聖書は語っています。そういう意味では、神は「父」でも「母」でもあるのです。

4年間ずっと考えてきたのですが、「天の父なる神さま」から「いのちの神さま」に変更することを、先日の職員会議で提案しました。すべての<いのち>を創られ祝福される神さまに、子どもたちが呼びかける言葉として相応しいのではと思ったからです。すると、先生たちはあっさり(?)「いいと思います!」と賛成してくれました。

ぜひ皆さんも、「父なる神さま」や「いのちの神さま」だけでなく、多様な(カラフルな)呼びかけをしてみてはいかがでしょうか。(有明海のほとり便り no.205)

『ただ信じること』ソラ フィデェ

1946年、当時荒尾高校の英語教師だった、宮崎貞子先生がご自宅(いまの宮崎兄弟資料館)を開放して家庭集会を始めたことから、荒尾教会が始まったと伺っています。けれども、貞子先生ご自身は牧師ではなかったので、牧師を招いての集会も企画していきます。1946年11月に、錦ヶ丘教会から松木治三郎先生を招いて、特別礼拝を持ちました。そこから毎月のように松木先生が足を運んで、貞子先生を助けてくださったのです。ですので、この特別礼拝を守った1946年11月13日が、荒尾教会の創立記念日になりました。

その松木治三郎先生が遺されたイースター礼拝の説教原稿で次のように言っています。

いま、ここでイエスと共にあるということは、
いのちのある間だけではない。
すべてが、人間のすべてが終わった、
現実の死の墓場に立っても、
なお一つだけすることが残っているということである。
それはほかでもない、
「ただ信じること」、ソラ フィデェ。

この箇所を読んで、気付かされました。75年前、この荒尾の地で、荒尾教会を立ち上げていく中で、松木先生が熊本市内から通って伝えようとしたこと。それがこの「『ただ信じること』ソラ フィデェ。」という一言にギュッと詰まっていると。貞子先生もそう信じていたはずです。

「ソラ フィデェ」とは、ラテン語で、英語に訳せば「by faith alone」になります。500年前宗教改革を起こしたルターが最も大切にした言葉でした。

私たちも、どんな時も諦めないで歩んでいきましょう。「人間のすべてが終わった、現実の死の墓場に立っても」、イエス・キリストの復活を「ただ信じつつ」。(有明海のほとり便り no.204)

今、あらためて平和を祈る

熊本草葉町教会より、機関誌『ともしび』の最新号が届きました。そこに、本村和子先生(隠退教師)が「いのち・愛・平和を祈る」という題で寄稿されています。本村先生はいま芦北町で一人暮らしをされているのですが、7月豪雨の際、ご自宅が大きく被災されました。

豪雨の夜中、私は玄関で見守っていました。
真夜中になるころ、水が入って来て、
水嵩が増していきました。
間もなく、水は床上40cmに達しました。
寝室に行くと浮いた畳の上に
小さな木のベッドが乗っかっていて、
小さな箱舟のようでした。
…しかし私は、主イエスが共におられると感じ、
命を守られ、生きていることを主に感謝しました。

今日の聖書箇所では嵐の中での弟子たちとイエスの姿が描かれています。本村先生の信仰はまさに、豪雨の中にあっても、いやそのような時だからこそ、復活のイエスをより近しく感じるものだったのです。

被災した本村先生のところに、日下部遣志教区議長(川内教会)をはじめてして熊本地区諸教会からボランティアが集まり、片付けが始まっていきました。近隣のご高齢の方たちの中には転居された方もおられるようです。先生が暮らされる集落も寂しくなっているのではと想像します。

けれども、本村先生の次のように広く深く祈る姿に感銘を受けました。

わたしたちは、かけがえのない星、
地球に生きています。
多様な命を産み、育む地球。
私は地球が大好きです。
しかし、今や、温暖化や気候変動、
環境破壊や生態系の破壊、
脱炭素の問題が地球の未来・人類の未来に
かかわる重要な課題となっています。
抑圧、紛争、テロが絶えません。
豪雨被災の日々に、
私は難民の人びとのことを思いました。
今、あらためて平和を願い、祈っています。

(有明海のほとり便り no.203)

心踊れるか

「子どもたちと一緒に心踊れるかが心配だった。」

昨日の霊泉幼稚園卒園式の後に、小平先生が退任の挨拶での言葉です。

2年前、霊泉幼稚園では急な園長退任がありました。私たちは途方に暮れ、臨時理事会で何度も話し合い祈りました。そして与えられたのが、「小平先生にピンチヒッターを依頼してみよう」という案でした。切羽詰まる思いですぐに連絡を取り、ご自宅近くの「だいこん亭」(とてもヘルシーで美味しかった!)で、夕食を二人で共にしました。私からそのような提案があることは、まったく予想だにしなかったはずです。事実、驚ろきの表情で聞いて下さっていました。けれども、私が驚いたのは、相談の最後では、すでに半ば覚悟を決めて下さっていたのです。「これも神さまからの命令でしょう」と。私は、小平先生の健康にも関わることであり、ご家族とよく話し合っていただけるようにお願いして、その日は別れました。

すると次の日の朝、「引き受けたい」とお電話をいただきました。そして約2年間、片道1時間の道のりを車で通い、その勤めを果たして下さいました。心から先生に感謝するとともに、神さまからの守りに感謝しています。

昨日の卒園式で、小平先生は「高齢で身体はどうしても衰えるんです。けれども、信仰があれば、子どもたちと一緒に心踊れると信じています」と、話され気付かさました。肉体的に子どもたちと一緒に激しく踊ることは、確かに難しいかもしれません。けれども、「心が踊っていれば」、子どもたちはすぐに気づいてくれます。そして笑顔が広がっていくのです。

目には見えない根っこ(心・気持ち・魂)を何よりも大切にするのが、キリスト教保育です。荒尾めぐみ幼稚園・霊泉幼稚園が、子どもたちそして教職員みんなの心踊るものでありたいと祈っています。(有明海のほとり便り no.202)

菅原さんの夢を見ました

3月11日が近くなり、仙台市若林区笹屋敷で出会った菅原さんと夢で再会しました。

震災直後、若林区立七郷小学校に設置された避難所でリーダーの一人として働かれていたの菅原さん。菅原さんたちに「どうか若者たちを育ててくれませんか。希望を分かち合って下さいませんか」と、お願いしたところ、菅原さんが快く「俺が責任を持つ」と、受け入れて下さったのです。

まだ関係者以外入ることが出来なかった津波被災地に、私たちは菅原さんの友人として一緒に入らせていただきました。菅原さんのご自宅も1階が津波でぐちゃぐちゃでした。けれども、エマオからのボランティアと一緒に菅原さんはまずご自宅ではなく、ご自宅の周りを片付けていきました。そして荷物を取りに来た地域の人たちに、菅原さんがエマオのことを紹介して回って下さったのです。

菅原さんのご自宅にワークに入ったのは、本当に最後でした。自分のことを後回しにして、何よりもエマオからやってくる若者たちとの出会いを喜び、時間と思いと労力を割いて下さった方です。様々なトラブルが起ころうとも、菅原さんは笹屋敷とエマオを根気強く繋げて下さいました。

その菅原さんに昨年の3月11日に久しぶりに電話をすると、とても喜んで下さいました。けれどもご自身は、体調を崩され中々ベッドから出ることが出来ないと伺いました。被災から「10年」の間、自ら被災し傷つきながらも、被災した方たちを思い懸命に伴走されてきた方たちが沢山いらっしゃいます。どうかその方たちにも守りと癒やしがあることを祈りましょう。

菅原さんから、「愛は、すべてを完成させるきずな」(コロ3:14)であることを私は教わりました。(有明海のほとり便り no.201)

非言語としての聖餐式

本当に久しぶりに聖餐式を再開します。聖餐式のたびに思い出すのは、神学生時代に通っていたまぶね教会の時のことです。当時、中原牧師のお連れ合い・Yさんは難病で寝たきりの状態が続いていました。私自身、教会でお会いしたことは一度もありませんでした。

ある主日礼拝の聖餐式で、司式をしていた中原牧師が、突然講壇脇にある通用口から外に出て隣接する牧師館にパンを持っていったのです。そして、寝たきりのよしこさんのベッドに行き、「Yさん、これはキリストの体です」とやさしく語りかけ、配餐されたのです。中原牧師は無線マイクを胸に付けていたので、会堂にいる私たちにもそのやり取りがよく聞こえました。

そのやり取りに耳を傾けながら、これが本当の聖餐式だと感じ心が熱くなりました。教会はついつい「言葉」が中心になりがちです。「説教」や「祈り」は確かに大切ですが、神さまの恵みは、私たち人間の言葉に限定されるものではありません。もっと広く、もっと深いものです。寝たきりのYさんには、「説教」の言葉は届きません。けれども、復活のキリストの体としてのパンを、神さまの恵みを共に分かち合うことは出来る。そのことに気付かされたのです。

「言葉」ではない、パンとぶどう酒を通して分かち合われる聖餐式を通して、私たちは「人を立ち上がらせ、活き活きと人を活かす」イエスの復活を分かち合うことが出来るのです。

保育の現場で、泣く子どもをただただ抱きしめるような非言語のやり取りがとても大切だと気付かされています。同じようにこの聖餐式を通して、ただただ神さまの愛に包まれていきましょう。(有明海のほとり便り no.200)

特別礼拝(講師:小平善行牧師)

荒尾教会で約30年間牧会された小平善行牧師を招いて、特別礼拝を行います。小平先生は今年度霊泉幼稚園の副園長を担って下さっていましたが、3月末で退任されることとなりました。荒尾めぐみ幼稚園と同法人の霊泉幼稚園は、昨年度急な園長退任があり途方に暮れた時に、小平先生が担って下さったことに感謝しかありません。

  • 日時 2021年3月21日(日)10時半より1時間程度
  • 会場 日本キリスト教団荒尾教会

ぜひご一緒しましょう!

かかわらなければ

受難節(レント)を過ごす中で、国立療養施設大島青松園で人生の多くを過ごした、キリスト者塔和子(詩人)による『胸の泉に』を通し、隣人そしてイエス・キリストとのかかわりに思いを馳せたい。

かかわらなければ
この愛しさを知るすべはなかった   この親しさは湧かなかった
この大らかな依存の安らいは得られなかった
この甘い思いや  きびしい思いも知らなかった
人はかかわることからさまざまな思いを知る
子は親とかかわり  親は子とかかわることによって
恋も友情も   かかわることから始まって
かかわったが故に起こる  幸や不幸を
積み重ねて大きくなり  くり返すことで磨かれ
そして人は
人の間で思いを削り 思いをふくらませ
生を綴る
ああ  何億の人がいようとも
かかわらなければ路傍の人
私の胸の泉に 枯れ葉いちまいも 落としてはくれない  

(有明海のほとり便り no.199)