参議院選挙と『やさしい猫』

再来週7月10日(日)に、参議院選挙が行われます。今回の参院選が終わると、3年間は国政選挙が行われないと言われています。つまり、憲法9条・経済格差・こどもの貧困・消費税・原発・コロナ対策・軍事費・外交・介護・保育・気候危機・ジェンダー平等など、わたしたちの生活にも、そして子どもたちの未来にも大きく影響してくる課題が、一気に悪化するのか、あるいはそれを食い止めることが出来るのか、分水嶺に立っているのです。キリスト者として「神の国が来ること」(マタ6:10)を真剣に祈り、選挙権がある方は特に「地の塩」(マタ5:13)としてその責任を果たしていただきたいと願っています。

小説『やさしい猫』(中島京子著)を読みました。入管(出入国在留管理局)の施設に収容されている外国人との面会を10年以上続けている宮島牧人牧師(原町田教会・原町田幼稚園)が、フォトジャーナリストの安田菜津紀さんとの対談で紹介して下さっていたのです。

シングルマザーの保育士ミユキさんが、3・11被災者支援のボランティアで、スリランカ出身で自動車整備士のクマさんと出会います。数年後奇跡的に再会した二人は、ゆっくり恋に落ちるのですが、クマさんの勤務先が急に工場を畳み失業したことから、大きな試練が訪れます。十分な情報もない中で、クマさんは必死に就職先を探しますが、気が付けばオーバーステイとなります。入管に相談に行こうとした品川駅で、待ち伏せていたかのような警察に捕まり、入管職員の裁量で退去強制を決められ、入管施設に収容されてしまうのです。クマさんは心も身体もボロボロになります。けれども、ミユキさんや娘のマヤさんが、必死に裁判で闘い、入管相手に奇跡的に勝訴する…。

参院選で誰に投票すべきか、入管行政を考える上でもとても貴重な一冊です。

「わたしにしてくれたこと」(マタ25:40)とは何なのか考えていきましょう。(有明海のほとり便り no.266)

小崎弘道と番町教会

わたしたちが結婚して一緒に住む場所を探していた時、快くお部屋を貸して下さったのが東京千代田区にある番町教会でした。神学校時代の3年間を過ごさせていただき、橅が生まれたのもこの番町教会でした。わたしたちにとっては、沢山の恩人・神の家族がいる教会です。その一人が、当時牧会されていた横野朝彦牧師です。11月の創立記念礼拝にお出で下さることとなり、再会をとても楽しみにしています。

皆さんに横野先生のことを紹介するために色々と調べていたら、2014年に同志社スピリット・ウィークで奨励をされた記録を見つけました。本日配布していますので、ぜひお読み下さい。その中で、わたしたちも当時教会員だった番町教会の歴史があり、とても興味深く読みました。特に番町教会の初代牧師である小崎弘道牧師のことが綴られており驚きました。

小崎は熊本バンドの一人であり、つまり熊本出身なのです。しかもよくよく調べてみると、小崎が番町教会を牧会された4年間の間に洗礼を受けた一人に宮崎滔天がいるのです。この滔天は荒尾教会・荒尾めぐみ幼稚園の創設者・宮崎貞子先生の伯父にあたります。荒尾教会と番町教会がこのような形で繋がることに、神さまの不思議な導きを感じています。

小崎は熊本バンドの中でも、躊躇があり洗礼を受けたのは遅く、同志社を卒業する際も一人だけ任地も定まらず「遅れてきた存在」だったそうです。けれども、この小崎がYMCA創設に携わり、またキリスト教ジャーナリズムでも活躍し、霊南坂教会や番町教会を設立し、そして新島襄の後を継いで同志社の社長(総長)になるのです。

わたしたち一人ひとりもまた「ぶどう園に遅れてきた一人」(マタ20:1-9)として、神さまの呼びかけに応えていきましょう。(有明海のほとり便り no.265)

小説『らんたん』における宮崎貞子先生の姿

柚木麻子著『らんたん』(小学館)には、荒尾教会・荒尾めぐみ幼稚園の創設者である宮崎貞子先生が出てきます。数えただけで8箇所ありました。特に貞子先生の人柄や信仰が綴られている箇所がわたし達には重要です。

 (1908年頃)「彼女と同じ学年のお貞ちゃんこと宮崎貞子はキッとなって振り返った。『菊さんたら、そんな言い方失礼よ』お貞ちゃんは、最近『小さき弟子の群』に入会したばかりの、最年少ながら河井先生を崇拝している優等生で、英語の成績は学年一番だ。」(p.142)
 (1921年)「お相手の宮崎龍介は、道の取り巻きである『小さき弟子たちの群』の一人、女子英学塾の優等生、お貞ちゃんこと宮崎貞子の親戚であり、道とゆりにとっても近しい存在だ。」(p.235)
 (1934年頃)「お貞ちゃんこと宮崎貞子も教師としてやってきたが、他人にも自分にも厳しい完璧主義は学生時代から変わらず、生徒に早くも恐れられている。」(p.322)
 (1938年頃)「社会運動家の一族で育った宮崎貞子はとりわけ強く反対の意を示した。―道先生、学校の存続は大切ですが、時勢に飲まれて国家主義の側に付いては元も子もないんじゃないですか?」(p.305)
 (1941年頃)「たまたまそれを耳に挟んだらしい、担任の宮崎貞子先生が澄ました調子でこう言った。『道先生はこうおっしゃっています。こんな古く汚く狭い学校に、御真影を置くのは、天皇陛下に失礼にあたります、と。謙遜されていらっしゃるのですよ』みんなそうなんだ、と納得していたが、生徒たちに怖がられている貞子先生の口元に、ほんのり笑みが浮かぶのを邦子は見逃さなかった。校庭の片隅の小さな家屋に年老いたお母様と暮らしている、社会運動家の一族で育ったと聞くこの先生を、邦子は最初から信用していない。」(p.344) 

平和教育を掲げている恵泉女学園が戦争への時勢に飲まれつつも抵抗した側面があり、そこに貞子先生も深く関わっていたのです。(有明海のほとり便り no.264)

小説『らんたん』と宮崎貞子先生

昨年11月に出版された歴史小説・柚木麻子著『らんたん』(小学館)を一気に読みました。主人公は、東京にあるキリスト教主義学校・恵泉女学園の創設者・河井道、そして、道と「シスターフッド」で結ばれる一色ゆりです。描かれているのは、明治維新から戦後にかけての激動の中で草創期の日本YWCAや、「平和」を掲げた女性教育のために奮闘していく姿だけではありません。津田梅子(津田塾大学)、広岡浅子(日本女子大学・大同生命)、村岡花子(『赤毛のアン』翻訳者)、矢嶋楫子(日本キリスト教矯風会)といった、日本プロテスタント教会史で重要な初代女性キリスト者たちの信仰・葛藤・出会い・喜びが、見事なタッチで描かれており、深い感動を覚えました。

さらに驚いたことに、荒尾教会・荒尾めぐみ幼稚園の創設者である宮崎貞子先生も出てくるのです。河井道は、アメリカのブリンマー大学留学後に女子英学塾(現・津田塾大学)で教師となります。この女子英学塾で道をとても慕う女子学生たちが「小さき弟子の群」というグループをつくります。そのメンバーの一人に、貞子先生がいたのです。「英語の成績は学年一番」(p.142)、のちに「道とゆりにとっても近しい存在」(p.235)となっていきます。そして、道とゆりは、1929年に恵泉女学園を立ち上げていきますが、1934年から貞子先生もここで教師として長く勤めることになるのです。

戦後(おそらく1946年)荒尾に帰られますが、この時期に荒尾高校の英語教師をしつつ、家庭集会を始め、1947年11月に荒尾教会を創立しました。そして荒尾めぐみ幼稚園立ち上げのために、奮闘されました。1953年から再び恵泉に呼ばれ1962年まで聖書と英語を教えられました。

教会の誕生を覚えるペンテコステに、神さまは素晴らしいプレゼントを用意して下さいました。ぜひ読んでいただきたい一冊です。(有明海のほとり便り no.263)